Products Overview
Omron リレーモジュール
IDEC リレーモジュール
Finder リレーモジュール
Schrack リレーモジュール
信号変換モジュール
伝送ケーブル
リレー
( 0 )






G2R-OT-ID シリーズ-リレーモジュール
  日本IDEC純正1c接点形式を採用したリレーにより開発設計がおこなわれたリレーモジュール。当社は異なる接点保護要求に対し、(SP)サージアブソーバが持つ火花消去の特性、(JP)COMポイントのジャンパ装置と合わせて短絡に応用、(RC)静電容量が備えるサージアブソーバフィルタリング機能、(LN/LP)PNダイオードを用いた逆電流保護など、異なる特性のモジュールを設計開発しています。また端子台においては多様なオプションを取り揃え、お客様のご要望により最適なリレーモジュールをお選びいただけます。    


G2R-OT-ID
1c接点形式、10Aヒューズデバイス。プリント基板端子台を採用。FRC (IDC) コネクタ入力側の応用に適しています。
G2R-OT-RC-ID
1c接点形式、プリント基板端子台を採用。RC静電容量を組み合わせ、10Aヒューズを備え、FRC (IDC) コネクタとの組み合わせに適しています。
G2R-OT-SP-ID
1c接点形式、10Aヒューズデバイス。サージアブソーバと組み合わせ、プリント基板端子台を採用。
G2R-OT-LN-ID
1c接点形式、10Aヒューズデバイス。NPN型ダイオードと組み合わせ、プリント基板端子台を採用。
G2R-OT-LP-ID
1c接点形式、10Aヒューズデバイス。PNP型ダイオードと組み合わせ、プリント基板端子台を採用。
G2R-OT-SLN-ID
1c接点形式、10Aヒューズデバイス。プリント基板端子台を採用。サージアブソーバとNPN型ダイオードを組み合わせており。
G2R-OT-SLP-ID
1c接点形式、10Aヒューズデバイス。プリント基板端子台を採用。サージアブソーバとPNP型ダイオードを組み合わせており。
G2R-OT_Y-ID
1c接点形式、バリアターミナルブロックを採用。ヨーロッパ規格端子台を採用。FRC (IDC) コネクタ入力側の応用に適しています。
G2R-OT_Y-RC-ID
1c接点形式、バリアターミナルブロックを採用。RC静電容量を組み合わせ、10Aヒューズを備えており、8ピンモジュールは10-pin FRC (IDC) コネクタと組み合わせます。
G2R-OT_Y-SP-ID
1c接点形式、バリアターミナルブロック。サージアブソーバを組み合わせ、10Aヒューズを備えており、8ピンモジュールは10-pin FRC (IDC) コネクタと組み合わせます。
G2R-OT_W-ID
1c接点形式、WAGOスプリング式端子台を採用。FRC (IDC) コネクタ入力側の応用に適しています。
G2R-OT_W-RC-ID
1c接点形式、WAGOスプリング式端子台を採用。RC静電容量と組み合わせ、8ピンモジュールは10-pin FRC (IDC) コネクタと組み合わせます。
G2R-OT_W-SP-ID
1c接点形式、WAGOスプリング式端子台を採用。サージアブソーバを組み合わせ、FRC (IDC) コネクタ入力側の応用に適しています。
G2R-OT_W-LN-ID
1c接点形式、NPN型ダイオードと組み合わせ、WAGOスプリング式端子台とを採用。FRC (IDC) コネクタ入力側の応用に適しています。
G2R-OT_W-LP-ID
1c接点形式、PNP型ダイオードと組み合わせ、WAGOスプリング式端子台を採用。FRC (IDC) コネクタ入力側の応用に適しています。
   
製品情報       製品の応用       フォーカス       テクニカルサポート       ニュース       会社紹介            ファイルのダウンロード       サイトマップ       お問い合わせ
Tel + 886 - 4 - 2380-9449
Fax + 886 - 4 - 2380-6309
台湾台中市南屯区永春東路690号        プライバシーポリシー
Copyright © BORE ALLRIGHT RESERVED. Designed by EG.