前回のフォーカス  
  FANUC 専用 中継統合応用プラン  
  ...  
 

オートメーション設備において、従来の配線に必要なコンポーネントやケーブル素材の使用量は非常に多く、全てのI/Oポイントとそのスイッチの間では必ずそれぞれ独立した回路を通じて電流スイッチや信号変換に利用する必要がありました。これは全てのI/Oポイントで配線が必要であるという状況において、施工難易度の高さ、ケーブル素材の使用量の多さ、労働力と作業時間の浪費だけでなく、過剰な回路による短路が発生しやすく危険であることを意味します。設備全体の効果と安全性を向上させるには、配線のコスト管理が極めて重要な要素となります。

 

boreの省配線統合モジュールは、従来の配線の問題を解決しました。boreは従来の配線方式である分散したケーブルを一つにまとめ、また、コネクタを通じて伝送を統一することで、材料面でのコストの支出を十分に削減。その他、基盤化配線モジュールで多項目の機能を統合するだけでなく、各コンポーネントの使用寿命と拡張性を強化すると同時に、コントロールパネルの体積を縮小し、応用スペースを増やし、配線方式の簡素化により、施工効率を上げ、労働力と時間のコストを大幅に下げました。boreの省配線統合モジュールを通じ、配線システムの便利、安全、経済的という目的を確実に達成します。

 

 

 

 

 

 

製品情報       製品の応用       フォーカス       テクニカルサポート       ニュース       会社紹介            ファイルのダウンロード       サイトマップ       お問い合わせ
Tel + 886 - 4 - 2380-9449
Fax + 886 - 4 - 2380-6309
台湾台中市南屯区永春東路690号        プライバシーポリシー
Copyright © BORE ALLRIGHT RESERVED. Designed by EG.